ワークス
WORKS

Color Planning
Exterior Design
Public Art
Monument
Art Event
Graphic,Sign Design

Art Gallery
わがみなとまち戸田は美しく

戸田地区景観まちづくりフォーラムでは沼津市戸田地区の地域資源を景観の観点から、環境を点検し、意見を交換し、情報の共有化を行います。
このまちづくりフォーラムを通して、今後、戸田地区における景観によるまちづくりの基本方針を定めるとともに、地区の一人ひとりの役割による協働のまちづくり体制、仕組みづくりを提案することを目的としています。


みなとまち戸田は、御浜岬駿河湾越しの富士山を眺望できる箱庭のように美しい港町です。また穏やかな自然環境とともにロシアディアナ号建造の歴史・文化などの貴重な地域資源を豊富に有する地域です。
しかし、戸田では周辺景観に合わないような派手な色で塗られた外壁、屋根、塀等が多く見受けられます。どんなに綺麗な色でも、周囲との調和がとれなければ浮いて見えてしまい、景観を崩すことになります。景観に違和感なく、とけ込むような外観にするためには地域に合った色を理解し、周辺環境と調和させる色彩はまち全体のイメージを形成します。



海岸線の汚さや景観阻害する外壁


沼津市では住む人が誇り思い、訪れる人に感動をあたえる戸田地区景観・色彩計画の策定を行うため、広く地区住民の意見を伺うために無作為抽出620名を対象にアンケート調査を行いました。
戸田地区における景観の基本方針を定めるとともに、地区の一人ひとりの役割による協働のまちづくり体制、仕組みづくりを提案することを目的にワークショップを開催しました。



ワークショップの様子


そして、戸田地区まちなみ重点事業、御浜岬、プチャーチンロード、まちなみ景観整備CGシミュレーションを作成し、住民、県・市職員、学生65名の参加者にプレゼンテーションを行いました。その後、6グループに分かれて現地を環境点検・検証しました。グループワークにより、プチャーチンロードの整備・ルートに向けた提案や空地・空家対策などの意見が出ました。また、御浜岬は戸田の貴重な地域資源として清掃や巨樹の維持・管理、ビューポイントの提案などがあげられました。景観シミュレーションを提案することで今後の戸田地区まちなみ景観形成のイメージの共有化が行われました。


中央桟橋景観シミュレーション


道龍川シミュレーション


安全で安心な暮らしとともに、次世代にどのようなみなとまち戸田を引き継いでいくのか、とても大きな課題です。現地調査、アンケート、ワークショップを通して多くの住民の理解を得ていることがわかりました。このあとは課題に向けてどのように取り組むか。みなとまち戸田の将来像について、住んでいる人達とともにまちを見直し、意見交換し、地域アイデンティティーの再認識と活性化に結びつくお手伝いをさせていただきました。







PAGE TOP